2019年07月06日

OPPO「Reno 10x Zoom」タッチ&トライ

【OPPO「Reno 10x Zoom」タッチ&トライ】sponsored by ひかりTVショッピング ユーザーイベントに参加してきました。

s_IMG_1917.jpg

ディスプレイは画面占有率93.1%、カメラ領域もノッチもありません。
全画面ディスプレイという印象です。
サイズは6.65インチ、AMOLED 2340x1080。
凄く奇麗。
背面はトリプルカメラとO-DOTと名付けられたポイントがあります。
s_IMG_1922.jpgs_IMG_1918.jpg


アウトカメラは3カメラ構成で出っ張りがありません。
撮影するときに注意しないと一番下のカメラに指がかかっていることがありました。
s_IMG_1921.jpgs_IMG_1933.jpg

インカメラが本体上部が斜めにせり出すようになっています。
20万回以上の耐久性能と落下時の破損も防止。
s_IMG_1926.jpgs_IMG_1937.jpg

指紋認証はディスプレイ。
s_IMG_1938.jpg

トリプルカメラ&レーザーAFセンサーを搭載。
1300万画素の望遠カメラはヘリスコープ構造。
動画撮影は4K 60fps対応。
s_IMG_1942.jpgs_IMG_1948.jpg

その他にも、基本性能もハイスペック。
CPUはQualcomm Snapdragon 855、RAM 8GB、ROM 256GB。
4065mAhの大容量バッテリーを約80分でフル充電。
デュアルバンドGPSで精度を向上

スマホのメイン用途がゲームとTwitterな私としては、水冷式冷却システム、TOUCH BOOSTなども気になります。
s_IMG_1971.jpgs_IMG_1974.jpgs_IMG_1975.jpg

タッチ&トライなのでカメラ機能をいくつか触ってみました。
カメラが被写体を自動判別してくれてます。
s_IMG_1990.jpgs_IMG_1992.jpgs_IMG_1994.jpg

実際にOPPO Reno 10x Zoomで撮影した画像
IMG20190703200304.jpgIMG20190703200404.jpgIMG20190703195112.jpg


残念な点がいくつか、
1つ目はカラーバリエーション、オーシャングリーンとジェットブラックの2色しかないこと。赤系統の色も欲しかったところ。
2つ目はFelica非対応。今のスマホでSuicaの履歴を表示するアプリを使っているのであって欲しい。
3つ目は防水機能ですが、まあ今のスマホにもない...
どこのメーカーも日本への商品投入初期には、このあたりの機能に対応していないですけど、今後は対応機種を投入するのかなあ。



この手のイベントではいつも言っているような気がしますが、1か月くらい貸し出しでタッチ&トライをさせてくれないかなあ。

posted by かげ at 15:19| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: